タグ 「医学者」 が付けられた名言

1 of 1
(3億円の「ブレイクスルー賞」を受賞して)

若い研究者たちにとって最高の職場にすることに、その一部をあてたいと思う
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
やはり、明日すぐ応用できるかという力はないが、応用に向けて、いろいろ工夫して研究している。何度も言うが、患者さんにはどうか希望を持って、治療にあたってほしい
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
1 Comments
どんどん進行する病気の時間との戦いを感じているが、私たちにとっての1日が、患者さんには大きいことを心してやっている。
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
研究というのはアイデアひとつ、
努力で色々なものが生み出せる。
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
1 Comments
いろんな人の地道な研究を積み重ねていけば、あるところでパーンとはじけるのではないか
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
iPS細胞ができたことで、人間の体にはまだまだ分かっていない力があると認識しました。
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
研究をやめかけた時、奈良先端科学技術大学院大に拾ってもらい、一度死にかけたんだから何か面白い難しいことをやろうと思った。それも良かった。僕の大胆な思いつきにもかかわらず、研究室の人たちが本当に一生懸命実験をしてくれた。それぞれがたまたま1カ所でクロスした。それがなかったらiPS細胞はいまだに、少なくとも僕のところではできていないと思います。
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
高く飛ぶには思いっきり低くかがむ必要がある
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
やっぱり飛ぶためにはかがまなあかんねんや
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
一番辛いときは、その辛さを克服できる一歩手前だというようなことを書いているものもありました。もうダメだと思っても、もうひと頑張りすれば新しい展開が待っている。「やっぱり飛ぶためにはかがまなかあかんねんや」と励まされました。
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
1 Comments
やるかやらないかの選択を迫られたとき、やらなくて後悔するくらいなら、やってから後悔しようといったメッセージには、とても共感しました。
新しいチャレンジをすると、とりあえずがんばろうと思えますが、チャレンジをやめるとそこから先へ進むことは決してできないからです。いまでも新しいチャレンジをするように心がけています。
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
1割バッターでも大成功
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
1 Comments
9回失敗しないと1回の成功はやってこない。
日常のストレスが大きく、何十回トライしても失敗ばかりで、泣きたくなる二十数年だった。
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
研究や人生もマラソンと同じ。
勝てなくても最後まで走り抜かなければならない。
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
まだこの技術は完成していない。
1人の患者さんの命も救っていない。
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
iPS細胞が本当の意味でノーベル賞にふさわしい仕事であったと思えるように頑張りたい
山中 伸弥
医学者, 京都大学iPS細胞研究所所長, ノーベル賞,
1 Comments