こうして人間に生まれてきたからには、やはり何か生きがいが感じられるまで生きている義務があろう。

[ 0 / 300 文字 ]