一切のものには寿命があると知ったうえで、寿命に達するその瞬間までは、お互いがそこに全精神を打ち込んでゆく。
そういう姿から、大きな安心感というか、おおらかな人生が開けるのではないかと思う。

[ 0 / 300 文字 ]