私はこれまで、偶然のひらめきで、価値ある発明をしたことなど一度もない。全ての発明というのは、その発明に関わった人の、想像を絶するような熱意が注ぎ込まれているものなんだよ。

[ 0 / 300 文字 ]