「松下 幸之助」の名言

1 of 2
むずかしいことはできても、平凡なことはできないというのは、ほんとうの仕事をする姿ではない。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
たとえば、激しい競争に負けてはならないということから100円で仕入れたものを95円で売るとか、集金をキッチリせず、相手先からいわれるままに回収をのばしておきながら、他から新たに資金を借りようとすることなどが、実際によく見受けられます。そういうことではうまくいくはずがありません。やはり利益をあげるためには仕入れ値以上の価格で売る。また借金をする前に、まず集金に全力を注ぐのがほんとうで、それでもなお資金がいるときに、はじめて他から借りるべきでしょう。それが雨が降れば傘をさす、天地自然の理に従った姿です。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
1 Comments
ぼくは、ほめるということはいたわりであり、お互い人間同士をしっかり結びつける一つの大切な絆ではないかと思うのですね。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
1 Comments
ぼくは、これまでにたくさんのご夫婦を見てきましたが、あまりうまくいっていないご夫婦はどうもあまりほめあっていないように思える。その反対にうまくいっているご夫婦はお互いが褒めあっている。そういうことがいえると思うのです。人間というものは他人から褒められるのも嬉しいものですが、自分の奥さんなり、ご主人からそういうことを言われるとひとしお嬉しいものです。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
1 Comments
どんなに完備した組織をつくり、新しい手法を導入しても、それを生かす人を得なければ成果もあがらず企業の使命も果たせない。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
戦国時代の武将や、明治の志士たちは皆、10代で見事な働きをしているではないか。
君はもう20歳を越えている。大丈夫。きっとできるよ。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
1 Comments
松下電器は人を作る会社です。
あわせて電気製品を作っています。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
1 Comments
物をつくる前に人をつくる
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
1 Comments
世の中は変化し、流動しているものである。
一度は失敗し、志を得なくても、それにめげず、辛抱強く地道な努力を重ねていくうちに、周囲の情勢が有利に転換して、新たな道が開けてくるということもあろう。
世にいう失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。

最後の最後まで諦めてはいけない。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
何事によらず、志を立てて事を始めたら、少々うまくいかないとか、失敗したというようなことで簡単に諦めてしまってはいけないと思う。
一度や二度の失敗でくじけたり諦めるというような心弱いことでは、本当にものごとをなし遂げていくことはできない。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
自省の強い人は、自分というものをよく知っている。つまり、自分で自分をよく見つめているのである。私はこれを「自己観照」と呼んでいるけれども、自分の心を一ぺん自分の身体から取り出して、外からもう一度自分というものを見直してみる。これができる人には、自分というものが素直に私心なく理解できるわけである。
こういう人には、あやまちが非常に少ない。自分にどれほどの力があるか、自分はどれほどのことができるか、自分の適性は何か、自分の欠点はどうしたところにあるのか、というようなことが、ごく自然に、何ものにもとらわれることなく見出されてくると思うからである。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
一切のものには寿命があると知ったうえで、寿命に達するその瞬間までは、お互いがそこに全精神を打ち込んでゆく。
そういう姿から、大きな安心感というか、おおらかな人生が開けるのではないかと思う。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
人間に寿命があるように、われわれの人間にも、それがいつのことがわからないにしても、やはり一つの寿命があると言えるのではないかと思う。だからといって、努力してもつまらないと放棄してしまうようでは、人間でいうところの天寿を全うせしめることはできない。
これはいわば人間はやがて死ぬのだから不摂生、不養生の限りを尽くすのと同じであろう。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
実際、ああそれはいままで何度もやってみたんだが、できないんだ。と決め込んでいることが、我々の身のまわりには意外に多いのではなかろうか。ときには自分の考え、また自分をとらえている常識や既存の知識から解放され、純粋な思いつき、というものを大切にしてみてはどうだろうか。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
今日、よく耳にする言葉に「インテリの弱さ」ということがある。これは、インテリには、なまじっかな知識があるために、それにとらわれてしまい、それはできないとか、それはどう考えても無理だと思い込んでしまって、なかなか実行に移さないという一面を言った言葉だと思う。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
些細なことをおろそかにしない心がけが人生を大きな成功へ導く。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
日本は自力で発展してきたのではなく、ほとんど他力本願でここまできた。
他力によって日本経済は戦後十六年でこれだけの発展をしたのだと思う。そのことを自己の力によって発展したかのごとき錯角を国がもち、政府がもち、国民がもっているというような感じがする。そこに大きな問題がありはしないかと思う。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
商売というものは損したり儲けたりしながら成功するものという考え方があるが、それは誤りだ。商売は真剣勝負と同じで、切られているうちに成功することはあり得ない。やればやっただけ成功するものでなければならぬ。うまくいかないのは運でもなんでもない。経営の進め方が当を得ていないからだ。だから確たる信念を持っている人は不景気のときほど、儲けるではないか。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
なんとしても二階へ上がりたい。
どうしても二階へ上がろう。

この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくり上げる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、決してハシゴは生まれない。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,
1 Comments
土俵の何百倍かの努力を、
毎日たゆまずやってはじめて、
1分の土俵で勝負を決する際に効果が表れる。
松下 幸之助
偉人, パナソニック, 名言,